スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代ごとに見るインカムの使用率

ファミリーコンサートでよく使われているインカム(顔の横につけるマイク)。しかし、その使用率が年々増加しているのはご存知でしたか?
今日は、インカムの使用度合いを時代ごとに見ていきたいと思います。

まず、80年代。この頃は、歌兄姉はともかく、体操兄姉および志ん輔師匠も基本全員ハンドマイクを使用。(しかし、よくみると勝弘お兄さんが体操の時にはインカムじゃない、服につけるスタジオ用マイクを付けていました。)

続いて、90年代。コンサートの中で全員が絡むストーリーが展開される様になり、インカムが登場。とは言え、歌兄姉はハンドマイクも使うし、全編インカムなのは体操組と志ん輔師匠でした。
2000年代、この頃は90年代とほぼ同じ。歌組は、ハンドマイクとインカム併用は変わりませんでした。(2001年秋みたいにインカム付けていてもハンドマイク持ってたりとか。)

しかし、2010年に入るとNHKホールのコンサートは冒頭からラストまでひとつのストーリーが展開されるスタイルになり、気がつけば、ハンドマイクは姿を消していました。さらに、あつまれ!土曜日の時は動きやすさ重視なのか、スタジオでもインカム使用。
ある意味、機材の変化も時代をたどる一つの鍵かも知れませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ニーヒロ

Author:ニーヒロ
平成6年生まれ。
おかいつはけんあゆ後期からあきりょう前期辺りの世代になりますが、なんだかんだで今も時折チェックしているので、90年代後半以降のおかいつはそこそこ知ってるかなぁと。
最近、おかいつソングのヒトカラにハマってますw
DAMとも録音して時折公開することアリ。

Twitterでおかいつ豆知識bot運営中。フォロー&情報提供お待ちしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あなたは2012年12月11日から数えて○○人目の来訪者です♪
月別アーカイブ
カテゴリ
♪カーソル
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。