おかあさんといっしょ'93ファミリーコンサート

今回紹介するのは、ビデオ化されて無いこのコンサート。
けんあゆ時代最初のコンサートにも関わらず、まさかのビデオ化されぬまま。放送翌年以降、21年以上に渡り幻の存在のようになり、放送当時録画する事ができなかった人達には見る術すらないコンサートとなっています。
しかし、つい先日、本当に2週間位という超短期間でしたが、某所にて見る事ができました。
今回はその間に数回見た記憶を頼りに、ブログ上でレポートしたいと思います!

『おかあさんといっしょ'93 ファミリーコンサート』
NHK教育 1993年5月5日(祝) 11:00〜12:00
NHKホールから生中継で放送




1.オーバーチュア
なんか聞き覚えがあると思ったら、このオーバーチュアの音楽、95年度地方コンにて再利用されていました。このコンサートと1曲目が同じなので納得です。
セットは、白基調の時計台がたくさん立ち並ぶ街並みといったところでしょうか。
セット中央の階段の上に現れたのは、なんとおさむお兄さんとゆう子お姉さん!
そうです。このコンサート、全体的な進行はゲストと思われたおさむお兄さんとゆう子お姉さんがメインだったのです。
「さあ、元気にいってみよう!」
と言うわけで、
2.ここが世界のまんなかだ
(井 出 隆 夫・詞 福田和禾子・曲)
イントロと同時に、左右に扉付きの建物が。右側手の建物はドア1つ、左側手は2つ。
おさゆう2人で歌い出し、1番の歌詞に合わせ、けんたろうお兄さんが右側、あゆみお姉さんが左側のドアから登場、4人で歌う。
2番はけんあゆで歌い始め、これまた歌詞に合わせる形で、智英お姉さんが左側、弘道お兄さんが右側のドアから登場、全員で歌う。

そして、いつも通り「みなさーん、こんにちはー!」
おさむお兄さん→ゆう子お姉さん→智英お姉さんの順で挨拶し、おさむ兄がけんたろう兄、ゆう子姉があゆみ姉を紹介する形で2人が挨拶。
そしておさむ兄が最後に弘道兄を紹介すると、あのドラムロール!
弘道兄の、ファミリーコンサート初タンブリングはこの時だったんですねー!
驚く一同、そして真似しようとするも速攻コケるおさむ兄(これ、1年後のすてきなうただいすき!にゲスト出演した時に、あさごはんだいすきのお兄さん'sのバク転を見たときも同じ流れになってますがw)
「新しいお兄さんお姉さんに、もう一度拍手ー!」

3.はじめまして
(名 村 宏・詞 福田和禾子・曲)
けんたろう兄→あゆみ姉→弘道兄の順。そして、この時はまだ弘道お兄さんではなく、体操のおにいさんと呼ばれてますね。

まずは、けんたろうお兄さんとあゆみお姉さんに歌ってもらいましょうねと言うわけで、

4.たんぽぽちゃんとつくしくん
(俵 万 智・詞 福田和禾子・曲)
20151113141829937.jpeg

コンサートでこの曲を歌ったのってこの時だけじゃ無いのかな?と思います。
ここからしばらく歌がノンストップです。
5.ぼくのミックスジュース
(五 味 太 郎・詞 渋 谷 毅・曲)
おさゆう2人で歌っています。振付も当時のクリップそのままに近い感じ。ちなみに衣装チェンジ1回目。おさむ兄のトレーナーが、オレンジ→黒に。ゆう子姉のトレーナーが青→薄いピンクっぽい赤紫。

6.五ひきのこぶたとチャールストン
(漣 健 児・訳詞 フレディ・モーガン/ノーマン・マルキン・曲)
あゆみ姉と智英姉は黄緑系のトレーナーに着替えて登場。お姉さん3人で歌う。

7.ちょんまげマーチ
(井 出 隆 夫・詞 渋 谷 毅・曲)
お兄さん3人で歌う。トレーナーが水色系の青トレーナーに。もちろん、ちょんまげと羽織も付けてます。

8.ホ!ホ!ホ!
(伊藤アキラ・詞 越 部 信 義・曲)
1番はゆう子姉とあゆみ姉、2番はおさむ兄とけんたろう兄→全員。お姉さん'sはピンクのトレーナーに再度チェンジ。
なお、ここまでのトレーナーは全ておなじみUSPPです。

歌い終わり、大勢で歌うのって楽しいよねみたいな会話になってるところに、電話の音?

おさむ兄の携帯電話の音だったらしい…ってケータイデカっ!(※1993年です)
電話に出る。
「もしもし、うたのおにいさん、坂田おさむですけど」
ズッコケるゆう子姉w
電話の声の主が思い出せないおさゆう。と、智英姉は分かったようで、会場に振る
「ぴっころ〜!」
そう、電話の声の主はぴっころでした。
と、ここで、おさむお兄さんが、にこにこ島に行く約束を忘れてたことに気づく。
早くきてねーって訳で、新しいお兄さんお姉さんを置き去りにする形でおさむ兄、ゆう子姉、智英姉はにこにこ島へ。

この間にみんなと一緒に遊ぼう!ということで

9.パンダ うさぎ コアラ
(髙田ひろお・詞 乾 裕 樹・曲)
いつもよりキーが高め、おなじみのお父さんお母さんのくだりはまだなし。

歌い終わったところでまたまた着信音。今度はけんたろう兄のケータイ。
そして、やっぱり誰だか思い出せないけんたろう兄。今度はあゆみ姉が分かったらしく、またまた会場に振る。
電話の声の主はみどでした。
なんと、こちらの3人はどーなっつ島に遊びに行く約束をしてたらしいです。
早速行こうとするも、どうやって行けばいいのかわからないけんあゆ。
と、弘道兄が任せてくださいと。
弘道兄「こういう時のために、好きなところへレッツゴー体操というのがあります。」
…好きなところへレッツゴー体操?
やり方は簡単で、
手をクロスさせて組む→グルーっと回して胸の前へ→目を閉じる→どーなっつ島へ、レッツゴー!
と、これだけ。…体操なのかなこれ?
(ちなみに目を閉じた時、何故かここでアチョ〜!というのではと思ってしまったのは多分、僕だけですねw)

そして改めてそのレッツゴー体操なるものをやると、舞台セットチェンジ。
オープニングテーマをワルツ調にしたBGMの中、暗転した舞台をカラフルな照明が照らす。
そしてどーなっつ島になったところで、

10.ドレミファ・どーなっつ!
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
いつもの自己紹介→れっしーがあっちにもこっちにも家来が沢山って言ってツッコまれる(お約束)

「どーなっつ島へようこそ!」

11.そよかぜマーチ
(井 出 隆 夫・詞 福田和禾子・曲)

何して遊ぶ?ってなって、れっしーの提案によりおうじさまがころんだをやる事に。
じゃんけんの結果れっしーが鬼に。
早速始めるも…あれ?そらおが動かない…?
みどとふぁどが、たんまをかけて戻ると…、なんと立ったまま寝てましたw

仕切り直しの2回目。…ん?なんか人数増えた?
けんたろう兄とあゆみ姉がこそっと参加してましたw
改めて2人を加えて3回目。
振り向いたれっしーが何かを見つけ叫ぶ。
木の上に赤いクジラを見つけた模様。
取りに行くれっしー。行く時に
「ルンルンルン、ルンルンルン、も一つオマケにルンルンルン」
って言いながら立ち去るんですが、それに合わせるように一同が体を上下に揺らすところが少々面白いポイント。

あっという間に登るれっしー。
ふぁど「木登りカンガルーだからね」

無事に保護(?)して持って帰ってきたれっしー。
正体はこいのぼりだったんですが、どーなっつ島の面々はピンとこない様子。
どーなっつ島にはこいのぼりが無いんだそう。あゆみ姉が4人にこどもの日の解説。
…こいのぼりになんか書いてある。
「にこにこじま ふくろこうじ・じゃじゃまる」
こいのぼりの持ち主はじゃじゃまるだったのです。
早速知らせるために、にこにこ島にいるおさむ兄のケータイへ電話することに。
けんたろう兄、発信音がなってるのに「もしもしー。もしmあ、まだか」
あゆみ姉ズッコケる。(どうもこの辺りが微妙におさゆうの雰囲気を引きずってる感。けんたろう兄がボケ役ってのは、出演期間前期ならではかも。)
電話が繋がり、やり取り。じゃじゃまる、どうやら落ち込んでたらしいが、どーなっつ島にあったと聞いて喜んでる様子。

これからどーなっつ島へ行くから待っててねーというわけで、通話終了。
一安心したところに、なんか足音がする。
なんと、れっしーが手伝っている牧場の荒っぽい牛が脱走してきた!しかも、赤いものを見ると興奮する…ってもはや闘牛ですかと。
逃げるみど・ふぁど・そらお。牛(演:弘道兄)に追われるれっしー。
慌てて何かを取り出し調べ始めるけんたろう兄。取り出したものは、どーなっつ島のガイドブックなんだそう。この島の事はなんでも書いてあるそうで。
それによると、
「赤いものを見ると興奮する牛は、子守唄を聴かせると眠ってしまう」らしい。
さっそく歌おう!ということで、

12.どこでねるの
(奥 田 継 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
無事に牛はあくびをしながら帰って行きました。
と、ここで汽笛!

13.ぼくらのロコモーション
(坂 田 修 詞・曲)
20151113141828d6f.jpeg

ハモりも振り付けもこの時から変わってませんでした!途中で汽車に乗ってにこにこ島組が合流。

智英姉の一声のおかげであっという間に着いたんだそう。
その一声は(もう察してる方もいると思いますが)
「アチョ〜!」
やっぱりそうですよね。しかし声量凄すぎです。
どーなっつの面々も合流。あらま、れっしーが頭にこぶ作っちゃってます。相当追いかけられてしまった模様。
どーなっつ島にこいのぼりが無いのを聞いたじゃじゃまる、こいのぼりを立てようと言うけど、意気投合(?)したれっしー共々結局人任せw
一同総ツッコミ。

14.シュビドゥビパパヤ
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
無事にこいのぼりが揚がった…ってあれ?いつの間にか弘道兄が。
牛好き(本人談)な弘道兄、牧場で牛と遊んでいたんだそう。
みんな揃ったことだし何かして遊ぼう!
にこぷん&どーなっつ勢、やりたい事をワーワー言う。
と、それをおさむ兄が収めて、「うたうしりとり」をやろうと提案。
ルールはしりとりの要領で、歌の歌詞の最後の文字で始まる歌をチーム対抗で歌っていくというもの。
次の文字は、歌い終わったところでその名も「うたうしりとりマシーン」に表示されるという仕組み。
早速チーム分け。おねえさん&にこにこ島チームとおにいさん&どーなっつ島チームに分かれて対抗する事に。
先攻後攻を決めるじゃんけんは、けんたろう兄対あゆみ姉。
結果はけんたろう兄が勝って、おにいさん&どーなっつ島チームの先攻でスタート。
何を歌おうか相談するおにいさん3人。
けんたろう兄「あ!おさむお兄さん、あれ!」
と、こいのぼりを指さし1曲目はこれ。
15.こいのぼり
(文部省唱歌)
甍の波と〜で始まる方です。歌い終わりは「り」
ここからは早い者勝ち、と、ぽろりが思いついた!

16.リンゴの中に秋がいる
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
歌い終わりは「ご」。
ここでれっしーが「ゴリリン坊やはあみものじょうず」なる歌を提案するが、そんな歌あったっけ?
(※ゴリリン坊やはれっしーがそらおを呼ぶ時のあだ名)
今から作ると聞いてズッコケる一同。既にある歌じゃ無いとダメとおさむ兄が指摘。
今度はじゃじゃまるが思いついたらしい。
ぽろりが好きなものだと言うが、ぽろりはピンと来ず。じゃじゃまるが取り出したのは…ピーマン。
(※ぽろりはピーマンがものすごく苦手)
驚いて卒倒するぽろり。仕方ないのでゆう子姉とあゆみ姉で歌い出すことに。

17.ごめんねピーマン
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
途中でぽろりも参加。ワンコーラスだけ歌ったので、最後の文字は「は」。
今度はふぁどが思いつき、この歌。

18.誓いの哺乳ビン
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
本来はふぁどのソロなんですが、今回はみども参加。歌い終わるも、「ブー!」
そう、歌い終わりは「ん」なのでアウト。
再び「は」に戻ってやり直し。

またまたじゃじゃまるが思いついたのは、

19.にこにこ音頭
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
にこぷん&途中からおねえさん達で歌う。
しかし、またまた終わりの文字が「ん」!
2度目の「は」からやり直し。
あゆみ姉が今度は大丈夫と思いついたのは、

20.春の小川
(高 野 辰 之・詞 岡 野 貞 一・曲)
曲中、歌い終わりの文字を確かめていたおにいさん's。「ら」で終わっておさむ兄が「らで終わりましたね。×2」とゆう子姉に確認。
「ら」といえば、

21.ラリルレロボット
(関 和 男・詞 中 村 弘 明・曲)
ご存知の通りですが、歌い終わりは「と」。

「と」で始まる歌で、どーなっつ島の4人が思いついたのはこの歌

22.心はまあるいドーナッツ
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
どーなっつの曲の中で個人的名曲の一つです。
歌い終わりは「し」
おねえさん'sが歌ったのは

23.しまうまグルグル
(遠 藤 幸 三・詞 乾 裕 樹・曲)
歌い終わりは「ま」。
「ま」で始まる歌といえばみんなが大好きなこの歌!

24.いぬのおまわりさん
(佐 藤 義 美・詞 大 中 恩・曲)
しかし、歌い終わりはやっぱり「ん」!
と言うわけで、みんな仲良く引き分けということに。

この後お腹が空いたじゃじゃまるは、みどとふぁどのお父さんのお菓子屋さんに。
のどが渇いたぴっころは、れっしーが手伝う牧場に。
ぽろりはそらおの家で色々見せてもらうことに。

さて、この間に何しようか…。
けんたろう兄が、みんながウズウズしてるから体操がいいんじゃない?と提案。
と言うわけで、弘道兄本日2度目のタンブリング。
おなじみの2階3階の〜くだりもしっかりやって、

25.ぞうさんのあくび
(遠 藤 幸 三・詞 乾 裕 樹・曲)
おさむ兄とゆう子姉、衣装をバッチリキメてきました!
もうちょっと歌いたくなったゆう子姉。おさむ兄も、これからはにこぷんの3人やみんなになかなか会えなくなるとしみじみ。
けんたろう兄の提案でお別れミニミニコンサートをやる事に!

あゆみ姉の曲振りで最初に歌ったのは

26.星ひとつ
(神崎ゆう子・詞 坂田おさむ・曲)
やはりこの歌は欠かせないですよ。素晴らしいの他に言葉がいらないくらい。

27.どんな色がすき
(坂 田 修 詞・曲)
今やすっかり定番ソングになったこの歌もまだこの時は登場から1年経ってません。

今日はこどもの日ということで、みんなに負けないようにこれからも頑張ろう!という流れで

28.さるさるさ
(織田ゆり子・詞 堀 井 勝 美・曲)
コンサートでおさゆうが歌ったのはこの時だけみたいです。93年1月の歌ですからね。

歌い終わりで全員合流。そしてじゃじゃまるとぽろりから花束贈呈&にこぷんから感謝の言葉。
そして、おさむ兄とゆう子姉が挨拶したところで汽笛が。
そろそろ帰らないとと言うおさむ兄。
まだ帰りたくないけど、みんなにさよならを言って帰ろうって事で、なんとまさかのこの歌が復活。

29.さよならマーチ
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
いや、これすごい光景ですよ。どーなっつになった後、しかもおさゆうとけんあゆでさよならマーチ歌ってるんですよ!
重要文化財レベルかと。

けんたろう兄「あ!汽車が来たよ!」

30.ドレミファれっしゃ
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
おさゆう&にこぷん退場。すっかり夕焼け空に。
そろそろ帰ろうという事でラストは

31.夕焼けが笑ってる
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
1コーラス流れたところでタイムアップ。番組は終わってしまいました…。
後少しなんですが…!仕方ありませんね。ますますビデオにする必要があった気がしてならないんですが。

本当に貴重なコンサートです。正直、一生見れないと思ってました。脚本構成が井出隆夫先生なのもあり、全体の構成もすごくよくまとまってるし、おさむ兄、ゆう子姉、智英姉の安定感と、けんたろう兄、あゆみ姉、弘道兄の初々しさとの対比がこれまた見応えあると思います。

NHKさん、今からでもいいので是非DVDにして下さい…。









スポンサーサイト

ファミコン分割放送は8月13日(月)~15日(水)!!!

今年は、いつもと勝手が違って、まだファミリーコンサートの分割放送が終わっていません。

それで、キャリアウーパンのおねえパンじゃないですがやきもきっ!してる方が多いかと思いますが、放送日が判明しました!!!

出所は例の某有名掲示板ですが、今年は、

8月13日(月)~15日(水)の3日間、いつもの時間に放送予定です!!!

ご期待ください。←お前が言うなよw

2012年春おかあさんといっしょファミリーコンサート⑩

まず抜けていた箇所を追記。

第三中継所前に『げんきひゃっぱい』を、ゴール判定と温泉行く前の間に『みんなみんなみんな』を入れ忘れてました。(近々訂正しますね)(訂正完了)
なお、今回のレポートはテレビダイジェスト放送を基にまとめました。そのため、全編を網羅していません。その点は悪しからず。(さすがにチケット買う勇気と金はない。)

今回のコンサートの感想は、
・りさお姉さん、番組慣れはやっ!!!
・ハンドマイク復活キタ――――(°∀°)――――――
・クレ姉さんのD島のレポートしかみてませんが、やはり95年春コンサートに構成が似てる。
・体操類をうまい具合にストーリーに絡ませている。(テレビでカットされたぱわわぷたいそうは〇〇〇〇〇〇〇〇前に……)←三分割版放送前&DVD化前のためネタバレ防止

長らくお付き合いありがとうございました。

(業務連絡:クレ姉さん、レポート全リンクは上の該当箇所訂正まで暫くお待ちください。出来次第、お知らせしますね。)

更なる業務連絡:該当箇所訂正完了しました。

2012年春おかあさんといっしょファミリーコンサート⑨

皆が温泉から上がったところで、長老さまがぽつりと一言。
どうやら長老さま的には、マラソンはよかったのだけど他に(兄姉+観客以外って事かな)誰も来なかったのが残念だったらしい。
しかし、一同はぽてい島のよさを改めて実感したみたいでした。
(季節ソングメドレー)
19曲目『はる・なつ・あき・ふゆ・ぽていじま』

20曲目『はるかぜ電話』
21曲目『タンポポ団に入ろう!』
22曲目『ポップンポップコーン』
23曲目『モウモウフラダンス』(メーコブがセンター…井出先生分かってらっしゃる)
24曲目『だぁれもいない海で』
25曲目『おまつりすんだはらっぱに』
26曲目『ゆきふるるん』
27曲目『ふゆのプレゼント』
28曲目『野原はぼくらの遊園地』

あっという間に、そろそろ4人は帰らないといけない時間に。渋るポコポテの3人を、アオアシさん夫婦が諭す。
また来ることを約束して、別れる面々

29曲目『おうちにかえろう』

出発したヨット。2番後半からポコポテの3人が歌う。そして、3人もそれぞれ家路に。

30曲目『空とぶヨット(しんみりVer.)』
よく見たら途中から後方にポコポテの3人。そして閉幕。
-レポートはここまで……ですが、一部書き忘れが発覚したので追記と感想を兼ねて⑩に続く-

2012年春おかあさんといっしょファミリーコンサート⑧

さてさて、偽たくみ姉の正体は怪獣キケンダーでした。

逃げるキケンダー、だいすけ兄追いかけようとするけどテレビから出れなくなってるw
結局、だいすけ兄はテレビごと追いかけるのでした。

そこに水を飲んできたよしお兄さんが戻ってきてマラソン再開!

16曲目『げんきひゃっぱい』

第三中継所、3チーム三つ巴。抜いては抜かされ抜かれては抜いて……。

そしてゴール地点、長老さまが一等賞の賞品を三択クイズに。
①風船
②海賊船
③温泉

会場の解答比率は3つともだいたい同じくらい。

正解…③温泉(ぽてい湯に何度でも入れる入浴券。なお、今回大会委員を務めたりさ姉分も、ちゃんと用意されてます。)

と、そこに3チームが戻ってきてゴール!!!

しかし、ぱっと見3チーム同時にゴールしたから、どこが一等賞かわからない……のでビデオ巻き戻し(一同巻き戻しの如く動いてゴール直前に戻る)&スロー再生!!

結果はやはり3チーム同着!!

てなわけで、今回のマラソンはめでたく全員一等賞となりました。

17曲目『みんなみんなみんな』

もちろん、ぽてい湯入浴券は全員にあげることになりました。
早速温泉に入ろうってことで、ムテ吉がぽてい湯に案内。

18曲目『スパスパおんせんタイム』

温泉入ったから、兄姉は衣装チェンジ(たくみ姉はヘアスタイルもチェンジ。よし兄もサンバイザー外してます。)

-⑨に続く-
プロフィール

ニーヒロ

Author:ニーヒロ
平成6年生まれ。
おかいつはけんあゆ後期からあきりょう前期辺りの世代になりますが、なんだかんだで今も時折チェックしているので、90年代後半以降のおかいつはそこそこ知ってるかなぁと。
最近、おかいつソングのヒトカラにハマってますw
DAMとも録音して時折公開することアリ。

Twitterでおかいつ豆知識bot運営中。フォロー&情報提供お待ちしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あなたは2012年12月11日から数えて○○人目の来訪者です♪
月別アーカイブ
カテゴリ
♪カーソル
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR