スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんあゆ弘20th anniversary企画:Play Backおかいつ(1993年4月5日(月)放送編)…2013年6月21日追記

はい、今回はけんあゆ弘の初登場の回を時間軸に沿って見つつ、かつ後半の引継ぎ部分を中心にピックアップしてレポートします。

まず、オープニング。若干どうでもいいような情報ですが

logo.gif©NHK
このタイプのロゴが登場した最初のオープニングでした。(ちなみに、この時点で使用開始から半年経過。)アニメーションは大井文雄さんで、おかいつだと「にじのいろとおほしさま」「小さな木の実」のアニメーションでおなじみです。ちなみに、初めてCGで制作されたOPでもあります。

そしてドレミファどーなっつ!(ごめんなさい、内容ど忘れのためいつかここの部分追記しますね(^_^;))→志ん輔さんコーナー①→ふたりはなかよし(93年度まではグーとスーのアニメだったんですよね。)→志ん輔さんコーナー②(この日のコーナーは、ブタくんがなかなか正解できなかったあの「わたしはだれでしょう?」でした。)

この後、おそらく「パジャマでおじゃま」や「百面相ブリッジ」があったであろうと思われますが、前者の肖像権の都合か公開ライブラリーではカットされている模様です。

そして、ここからが当時制作上2本に分かれていた部分の後半パート、うたとたいそうの部分です。

ハイ☆ポーズ
この日は、ヨガ(赤ちゃん)ver.でした。なお、馮智英姉(以下(馮))名前テロップは
ひょう  ち   え
馮 智 英
とちゃんと振り仮名がふってありました。

そしてフェードアウトして白い画面が開くと当時のスタジオに坂田おさむ兄(以下(坂))と神崎ゆう子姉(以下(神))が立っている。(この時後ろに子供たち&天野勝弘兄(以下(天))と佐藤弘道兄(以下(弘)))
(坂)(神)「こんにちは~!」
(神)「おさむお兄さんとゆう子お姉さんがみんなと遊ぶのもとうとう最後になってしまいました。」
(坂)「そうなんです。」
(しんみり感がないのが逆にいいかもしれないですね。特におさむ兄はこの後も2年間NHKの番組でレギュラーやってましたから、お別れ感ありまくりだとかえって不自然な気がするくらいでw)
というやり取りの後、(坂)が「さっそく新しいお兄さんに登場してもらいましょう!」
で、速水けんたろう兄(以下(速))が登場。名前を述べる。
(坂)「それじゃ、けんたろうくん、全国のお友達にこんにちは、挨拶してみましょー!」

という流れでこの日の1曲目
  はじめまして
名 村 宏・詞  福田和禾子・曲
↑さりげなく当時の曲名表示を再現。ただ、白文字じゃ見えないのでカラー文字にしてるのはご愛嬌でw
この時の(速)、若干緊張してるようですが、比較的落ち着いてるような感じにも見えました。
そして間奏に入り、今度は新しいお姉さんが呼ばれ茂森あゆみ姉(以下(茂))が登場、名前を述べる。(ちなみに、この時はショートヘアだったんですよね。なんかこの長さの髪って、初期と「あしたははれる」のクリップがとられた最末期の頃のイメージが強いですね。)
そして、2番に入るが、この時(茂)が「こんにちは~!」のタイミング若干間違えてしまったのが初々しい感じがして見どころ。
そして、(坂)(神)が改めて(速)(茂)を紹介し、2曲目
 いぬのおまわりさん
  佐 藤 義 美・詞 大 中 恩・曲
このとき(というか登場時に)(速)(茂)はそれぞれ、犬のおまわりさんと子猫と子猫ちゃんの人形を手にはめている。イントロ中に4人は子供たちが座る長椅子に移動(ポジションは(速)(坂)(神)(茂)の並び)、1番は4人で歌う。
間奏中に(天)が(弘)を紹介(2人はそれぞれカラスとスズメの棒人形を持っている。)この間に(速)(茂)はスタジオの別ブースに移動。(坂)(神)で2番を歌う。

映像が切り替わって(速)(茂)が「初めての歌」として紹介した3曲目がこちら、
 たんぽぽちゃんとつくしくん
      俵 万 智・詞 福田和禾子・曲
(丸ワイプで二人の顔が挿入されています。)
そして、再び例の別ブースで、今度は4人で4曲目
  おはなしゆびさん
   香 山 美 子・詞 湯 山 昭・曲

そして、体操の時間。このときの体操は、(意外に知らない方も多いのであえて明記)これでした。
  ぞうさんの
   あくび

     遠 藤 幸 三・詞
      乾 裕 樹・曲

(天)(弘)の二人で体操。終盤で(坂)(神)(速)(茂)(馮)が合流。
そしてみど・ふぁど登場(…が、ふぁどが半分以上画面の外(^_^;)。ハイビジョン制作・放送だったら映ってるんでしょうが、残念ながらこの当時はまだ標準画質の画面比4:3のテレビカメラが現役の時代でした。)
エンディングはこの歌
  ドレミファれっしゃ
   井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲

といった流れでした。
あれから20年。この収録に運良く参加できた方ももう23~4歳です。
なのに、不思議と昔の出来事とは思えないですよね~…。(リアルタイムで見てない自分が言うのもなんですが。)

今後も随時、昔のおかいつなどをピックアップしてレポートしたいと思います。
スポンサーサイト

某掲示板で見た話(スタジオセット)

今回の話は、
けんあゆ時代のスタジオセットです。

けんあゆ時代のセットの特徴と言えば、
・中央のベンチが2段、両サイドが1段でサイドの椅子だけ可動式
・時期によって絨毯のデザインが違う
・エレクトーンのお姉さんは弘道兄の背後のゾーンにいる
・よじ登りやすい(笑)

といったものがありますが、今回衝撃の情報が…。

ここの主はですね、94年生まれな故93年度の放送にはまったくもって疎いんですが
その93年度のみは、おさゆう時代のセットを継続使用してたらしいのです。

ただ、93年度の映像と言えば交代初日しか見たことがなく、てっきり翌日からあのけんあゆ時代のおなじみのセットになったもんだと思ってた節がありまして、実際どうなのか知りたいのですが…。

だれかマジで見せてほしい…。

詳細知ってる方はお知らせください。

1994年某日の収録前の一幕

今や、収録の際の撮影は一切禁止となってしまいましたが、つい数年前まではスタジオに入る前は撮影OKだった時代がありました。

これは、今から18年ほど前の1994年12月10日に収録して、翌95年1月10日に放送された回の収録の前、放送センター西口の前で、エプロンのお姉さんによる説明及び出席確認から、兄姉登場までを記録した動画です。

おかあさんといっしょの舞台裏

スタジオに入る前からとってもアットホームな雰囲気で、思わずあの中に加わりたくなっちゃうくらい和やかです。

さて兄姉登場です。
この当時は始めから4人一緒に登場ではなく、一人ずつ登場しています。

あゆみ姉(言葉遣いが丁寧ですよね。)→弘道兄(ひろくんと呼ばれるが、どう考えても先代の天野勝弘兄の「かっくん」を引っ張ってるよばれ方w)→ちか姉(やはり12月にあの衣装のまんまは寒いからか、長袖のトレーナーを上から着ています。)ときて、いよいよけんたろう兄の登場!!!

なんと、ほか3人とは違い、付き添いのお父さんお母さんたちの背後から現れました!!!

これには、お父さんお母さんもちょいとびっくりしていますw

その後、親御さんへのあいさつの中でオーバーに当選倍率を言って「そんなにはないですけどね(^^;)」なんて冗談をかましてみたりして、なかなか面白いですよ。

そして、どーなっつ島のみんなに会いに行きますよってところで動画終了。

これ、かなり貴重な映像ですよ。





1999年10月4日のおかあさんといっしょ(感想的なつぶやき編その2)

・スプーの声優さんは二人いるのはご存知ですか?2001年途中までは川村万梨阿さん、それ以降ぐ~チョコ最終回までは橘ひかりさんが担当されました。だから、今回の放送は川村さんスプー時代ですね。
・このときにはまだ、スタジオの長椅子は体操の時にもそのまま置いてありました。まだ日替わりコーナースタート前だから、セットの転換(いわゆる小道具を配置すること)が無かったですしね。
・そして、スプラッピスプラッパ。振り付けが2代目でした。お馴染みのとだいたいいっしょですが、「ウ~みぎ!」とかの時に回らず、その方向に指を指してました。

以上、再放送感想でした!!

1999年10月4日のおかあさんといっしょ(感想的なつぶやき編)

・まず懐かしかったのは、冒頭の挨拶。今回のように、あきりょう初期はけんあゆ時代までを踏襲した「こんにちは~」で始まってました。しかし、いつの頃からか(あきひろ兄「やっ!みんな」あきりょう「元気~?」)になり、それがゆうしょうとだいたくの「みんな、元気~?」へと繋がっていきました。
・そして曲数が今の倍近くありました。現在1回放送あたり平均3曲に対し、当時は6曲放送してました。しかも、歌コーナーを2つに分けていたんですよね。後に後半は月歌ゾーンになり、05年に25分に戻った時に再び歌コーナーは1つに戻りました。
・この当時は、スプーとガタラットとドレミファどーなっつ!が並行放送していました。だから、あきりょうとスタジオの子供達でコンサートのときみたいに「みど~、ふぁど~、れっしー、そらお~!!」と呼びかけてからどーなっつが始まってました。
・そして意外にも、歌コーナーの時にキヨコお姉さんが居なかったんですよね。歌コーナーに不在だったのは初代体操のお姉さんの馮智英さんくらい。(ちかお姉さんも、初期を中心に1曲目には不在なことがありました。まあ、2人の場合は当時のフォーマット上仕方ないでしょう。)

~つづく~
プロフィール

ニーヒロ

Author:ニーヒロ
平成6年生まれ。
おかいつはけんあゆ後期からあきりょう前期辺りの世代になりますが、なんだかんだで今も時折チェックしているので、90年代後半以降のおかいつはそこそこ知ってるかなぁと。
最近、おかいつソングのヒトカラにハマってますw
DAMとも録音して時折公開することアリ。

Twitterでおかいつ豆知識bot運営中。フォロー&情報提供お待ちしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あなたは2012年12月11日から数えて○○人目の来訪者です♪
月別アーカイブ
カテゴリ
♪カーソル
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。