受け継ぎ、受け継がれ

…また1年放ったらかしにしちゃってたこのブログ(汗)

いや、書こうとして書きかけになっている記事がいくつかあるにはあるんですよ。ただ、中々まとまらないまま気がつきゃこんなに経っちゃいました。
そんな中であえて新しく作成してみるという無計画な感じではありますが、よかったらお付き合いください。

だいすけお兄さんからゆういちろうお兄さんに変わって1ヶ月。なんとも微笑ましいなぁなんて思いながら見ています。
あつこお姉さんも、だいすけお兄さんとの1年を経て、自分らしさがだいぶ出せているのかなって思えるくらい自然体になっている感じがします。
あちらこちらの意見を見ると、たまーに「だいすけお兄さんとの声の相性が良くなかったぶん、ゆういちろうお兄さんになっていい感じになった」的な意見を見かけます。(主に某掲示板など。因みに某掲示板ではなんか個人的怨念でもあるのかと言いたくなるレベルのアンチさんもいらっしゃいますが。)
そして昨年1年間を取っても、「だいすけお兄さんにはたくみお姉さんじゃないと!」みたいな意見を見かけることがありました。
しかし、自分はそうじゃないと思うんです。
昨年1年間、だいあつペアは番組を彩ってきた数々の歌をこれでもかとばかりに歌ってきました。その中には、だいたくの8年間で歌ってきた歌もたくさんありました。
しかし、だいあつペアで改めて聞いた時、また違った良さを感じたんです。言葉で単純に言い表すのが難しいのですが、だいたくで確立した世界観とはまた違った感じに成り立った確固たる世界観をだいあつペアは見せてくれてたと思うんです。
そして、あつこお姉さんはこの1年で得たものをゆういちろうお兄さんに伝えつつ、新しいゆうあつペアの世界観が築き上げていっている…、そんなきがします。
兄姉同時交代ではないという衝撃をプラスに変えて、安定感とフレッシュさを両立させた素晴らしい雰囲気を作り上げているのではないかと。
それを成し得たのは紛れもなく昨年度1年間が9年目のベテランお兄さんのだいすけお兄さんのサポートがあってこそだったと思うのです。
だからこそ断言します。
だいすけお兄さんと‎あつこお姉さんのペアでの1年は、決してただのつなぎ期間なんかじゃなく、今の番組を作り上げる上でなくてはならない1年であったと。
スポンサーサイト

まさかこんな事になるとは…

正直ものすごくショックでやりきれない気分になりました。
ご存知かと思いますが、9代目うたのおにいさんの杉田あきひろお兄さんが覚せい剤所持容疑で逮捕されました。
あきひろお兄さんと言えば、歴代お兄さんとは一線を画す日焼けに茶髪といった独特のルックスでお馴染みでしたが、お兄さんとしての立ち振る舞いは歴代お兄さん同様、子供達だけでなく大人にも真摯かつフレンドリーに接されてると感じていました。
特に、現在のブログに移転されてからは一時期コメント欄でコメントに返信されてたり、ライブに行かれた方とも気さくに話してくれたりと、ホントにお兄さんの方から距離感を詰めてくれてるといった好印象なイメージがありました。
また、お兄さんとしての出演は4年間でしたが、その後もぐ〜チョコ、モノラン、ポコポテと、各種イベントツアーで全国を回って歌ってらした事を考えると、おかあさんといっしょへの貢献度もすごく高いお兄さんだったんです。1月にはワンパコにもゲスト出演してましたし、番組でもお兄さん当時の映像が度々使われてたんですが…。
過去に覚せい剤疑惑が取りざたされたこともあっただけに、なんでホントに手を出しちゃったんだろうと悲しくて残念でなりません。

そして、この事件のニュースがキッカケで、若干けんたろうお兄さんがとばっちりを受けるような感じになってるのが苦々しくてならないです。
Twitterとかでも、うたのお兄さんが2代連続で不祥事起こしてる的な事とか、某掲示板には荒らしコメントで「人殺しを使うな」とか。(正直「お前より、圧倒的に社会に貢献してるわ」と言ってやりたいくらいなんですが)
事故の件はもう他人がどうこう言えるようなものじゃないんですけどね…。
Twitterで弘道お兄さんが自分が悪い事をしたわけでもないのに謝罪してたり、なんともやりきれない感じになってしまいました。
あきひろお兄さん、なんでこんな事になったんですか。
悲しくて悔しいです。
これから相当大変な事になると思いますが、絶対立ち直ってください

※この件に関してはコメント欄を閉じさせてください。あまりにも事態が重すぎますし、気安くあれこれ書いたら荒れる要因になると思うので…

三谷たくみお姉さん、8年間お疲れ様でした! 小野あつこお姉さん、頑張れ!

発表から日数が随分経ってしまいましたが、今年度限りで三谷たくみお姉さんが卒業することになりました。
8年間という月日は、うたのおねえさんとしてはBSおかいつのかまだみきお姉さんと並んで最長タイですから、とてつもなく長いんですよね。
初収録に3歳で参加した子供が、今年11歳ですよ!成長が早い子だと、声変わりや急激な身長の伸びが始まっちゃうくらいの年数です!
そして、横山だいすけお兄さんとのペア年数も最長記録です!(BSも同じではあるんですが、あちらはたいそうの恵畑ゆうお兄さんも歌に参加しまくってるだけあり、どっちかと言えば3人トリオってイメージが強いですね。だから、純粋にお兄さんとお姉さんペアって考えると唯一無二の存在ですね。)

…しかし、一報を知ったときはビックリしましたね。
歌組の片方だけが変わるパターンが、最後にあったのが1987年。実に29年ぶり、四半世紀以上なかった事が起こったんです。しかも、うたのおねえさんだけが交代となると、時代をもっと遡らないとならない程のご無沙汰事例です。

今回の卒業は、たくみお姉さん自身の希望によることだったとの事なので、寂しくはありますがやはり温かく送り出してあげたいところです。
僕自身も、子供の時に見ていた速水けんたろうお兄さんと茂森あゆみお姉さんを見てた期間より長く、今のだいたくペアを見てきたので、けんあゆペアへの思い入れと同等の思い入れがあります。
正直同時交代すると思ってた方が、圧倒的に多かったと思います。だから、だいたくペアじゃないと!って方々のショックは想像を超える域だと思います。
ですが、大好きなたくみお姉さんの決めた道です。ここは感謝の気持ちで送り出したいですよね。
事務所に所属せずゆっくりしたいという気持ちも、やはり尊重してほしいところです。8年間フル稼働だった訳です。お姉さんがゆっくりできたなぁって思えるまで気ままに過ごしていただければ、応援してきた側としても安心します。
たまには何かの形で歌ってほしいですけどね。
それに、しばらくゆっくりすると言っても、これが今生の別れじゃないですからね?
5月のコンサートにゲスト出演されますし、3年後の秋に60周年となれば、きっとこちらでも会えると思います!その時には伝説のだいたくペア復活!これで決まりでしょう。

一方、続投の道を選んだだいすけお兄さんは、これから前人未到の領域へ進む訳です。新しいお姉さんとの相乗効果がどうなるか、これも何かと見どころですよ。

そんな新しいお姉さん、小野あつこお姉さん。第一印象は、
「りさお姉さん(パント!の上原りさお姉さん)に似てるな…」
でした。
恐らく、たくみお姉さんとはまた違うタイプのお姉さんなのかなって感じですよね。
そして、おかあさんといっしょ出演者史上2人目の平成生まれですし、「ふゆっていいな」が好きだったって、間違いなくけんあゆ世代ですよね!
これは応援しないでいる訳がない!新人1人にベテラン3人という構成になりますが、りさお姉さんがそうだったように、割と5月の放送分くらいには、番組の雰囲気に馴染むと思います。
あつこお姉さん、頑張ってください!

そして最後に改めて、
三谷たくみお姉さん、8年間、本当にお疲れ様でした!そして、ありがとうございました!
5月のコンサートが終わったら是非、気の向くままにゆっくりしてください!
そして、たまにはどこかで歌い続けてください。日本のどこかで、また、透き通る歌声を響かせてくださいね。

おかあさんといっしょ'93ファミリーコンサート

今回紹介するのは、ビデオ化されて無いこのコンサート。
けんあゆ時代最初のコンサートにも関わらず、まさかのビデオ化されぬまま。放送翌年以降、21年以上に渡り幻の存在のようになり、放送当時録画する事ができなかった人達には見る術すらないコンサートとなっています。
しかし、つい先日、本当に2週間位という超短期間でしたが、某所にて見る事ができました。
今回はその間に数回見た記憶を頼りに、ブログ上でレポートしたいと思います!

『おかあさんといっしょ'93 ファミリーコンサート』
NHK教育 1993年5月5日(祝) 11:00〜12:00
NHKホールから生中継で放送




1.オーバーチュア
なんか聞き覚えがあると思ったら、このオーバーチュアの音楽、95年度地方コンにて再利用されていました。このコンサートと1曲目が同じなので納得です。
セットは、白基調の時計台がたくさん立ち並ぶ街並みといったところでしょうか。
セット中央の階段の上に現れたのは、なんとおさむお兄さんとゆう子お姉さん!
そうです。このコンサート、全体的な進行はゲストと思われたおさむお兄さんとゆう子お姉さんがメインだったのです。
「さあ、元気にいってみよう!」
と言うわけで、
2.ここが世界のまんなかだ
(井 出 隆 夫・詞 福田和禾子・曲)
イントロと同時に、左右に扉付きの建物が。右側手の建物はドア1つ、左側手は2つ。
おさゆう2人で歌い出し、1番の歌詞に合わせ、けんたろうお兄さんが右側、あゆみお姉さんが左側のドアから登場、4人で歌う。
2番はけんあゆで歌い始め、これまた歌詞に合わせる形で、智英お姉さんが左側、弘道お兄さんが右側のドアから登場、全員で歌う。

そして、いつも通り「みなさーん、こんにちはー!」
おさむお兄さん→ゆう子お姉さん→智英お姉さんの順で挨拶し、おさむ兄がけんたろう兄、ゆう子姉があゆみ姉を紹介する形で2人が挨拶。
そしておさむ兄が最後に弘道兄を紹介すると、あのドラムロール!
弘道兄の、ファミリーコンサート初タンブリングはこの時だったんですねー!
驚く一同、そして真似しようとするも速攻コケるおさむ兄(これ、1年後のすてきなうただいすき!にゲスト出演した時に、あさごはんだいすきのお兄さん'sのバク転を見たときも同じ流れになってますがw)
「新しいお兄さんお姉さんに、もう一度拍手ー!」

3.はじめまして
(名 村 宏・詞 福田和禾子・曲)
けんたろう兄→あゆみ姉→弘道兄の順。そして、この時はまだ弘道お兄さんではなく、体操のおにいさんと呼ばれてますね。

まずは、けんたろうお兄さんとあゆみお姉さんに歌ってもらいましょうねと言うわけで、

4.たんぽぽちゃんとつくしくん
(俵 万 智・詞 福田和禾子・曲)
20151113141829937.jpeg

コンサートでこの曲を歌ったのってこの時だけじゃ無いのかな?と思います。
ここからしばらく歌がノンストップです。
5.ぼくのミックスジュース
(五 味 太 郎・詞 渋 谷 毅・曲)
おさゆう2人で歌っています。振付も当時のクリップそのままに近い感じ。ちなみに衣装チェンジ1回目。おさむ兄のトレーナーが、オレンジ→黒に。ゆう子姉のトレーナーが青→薄いピンクっぽい赤紫。

6.五ひきのこぶたとチャールストン
(漣 健 児・訳詞 フレディ・モーガン/ノーマン・マルキン・曲)
あゆみ姉と智英姉は黄緑系のトレーナーに着替えて登場。お姉さん3人で歌う。

7.ちょんまげマーチ
(井 出 隆 夫・詞 渋 谷 毅・曲)
お兄さん3人で歌う。トレーナーが水色系の青トレーナーに。もちろん、ちょんまげと羽織も付けてます。

8.ホ!ホ!ホ!
(伊藤アキラ・詞 越 部 信 義・曲)
1番はゆう子姉とあゆみ姉、2番はおさむ兄とけんたろう兄→全員。お姉さん'sはピンクのトレーナーに再度チェンジ。
なお、ここまでのトレーナーは全ておなじみUSPPです。

歌い終わり、大勢で歌うのって楽しいよねみたいな会話になってるところに、電話の音?

おさむ兄の携帯電話の音だったらしい…ってケータイデカっ!(※1993年です)
電話に出る。
「もしもし、うたのおにいさん、坂田おさむですけど」
ズッコケるゆう子姉w
電話の声の主が思い出せないおさゆう。と、智英姉は分かったようで、会場に振る
「ぴっころ〜!」
そう、電話の声の主はぴっころでした。
と、ここで、おさむお兄さんが、にこにこ島に行く約束を忘れてたことに気づく。
早くきてねーって訳で、新しいお兄さんお姉さんを置き去りにする形でおさむ兄、ゆう子姉、智英姉はにこにこ島へ。

この間にみんなと一緒に遊ぼう!ということで

9.パンダ うさぎ コアラ
(髙田ひろお・詞 乾 裕 樹・曲)
いつもよりキーが高め、おなじみのお父さんお母さんのくだりはまだなし。

歌い終わったところでまたまた着信音。今度はけんたろう兄のケータイ。
そして、やっぱり誰だか思い出せないけんたろう兄。今度はあゆみ姉が分かったらしく、またまた会場に振る。
電話の声の主はみどでした。
なんと、こちらの3人はどーなっつ島に遊びに行く約束をしてたらしいです。
早速行こうとするも、どうやって行けばいいのかわからないけんあゆ。
と、弘道兄が任せてくださいと。
弘道兄「こういう時のために、好きなところへレッツゴー体操というのがあります。」
…好きなところへレッツゴー体操?
やり方は簡単で、
手をクロスさせて組む→グルーっと回して胸の前へ→目を閉じる→どーなっつ島へ、レッツゴー!
と、これだけ。…体操なのかなこれ?
(ちなみに目を閉じた時、何故かここでアチョ〜!というのではと思ってしまったのは多分、僕だけですねw)

そして改めてそのレッツゴー体操なるものをやると、舞台セットチェンジ。
オープニングテーマをワルツ調にしたBGMの中、暗転した舞台をカラフルな照明が照らす。
そしてどーなっつ島になったところで、

10.ドレミファ・どーなっつ!
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
いつもの自己紹介→れっしーがあっちにもこっちにも家来が沢山って言ってツッコまれる(お約束)

「どーなっつ島へようこそ!」

11.そよかぜマーチ
(井 出 隆 夫・詞 福田和禾子・曲)

何して遊ぶ?ってなって、れっしーの提案によりおうじさまがころんだをやる事に。
じゃんけんの結果れっしーが鬼に。
早速始めるも…あれ?そらおが動かない…?
みどとふぁどが、たんまをかけて戻ると…、なんと立ったまま寝てましたw

仕切り直しの2回目。…ん?なんか人数増えた?
けんたろう兄とあゆみ姉がこそっと参加してましたw
改めて2人を加えて3回目。
振り向いたれっしーが何かを見つけ叫ぶ。
木の上に赤いクジラを見つけた模様。
取りに行くれっしー。行く時に
「ルンルンルン、ルンルンルン、も一つオマケにルンルンルン」
って言いながら立ち去るんですが、それに合わせるように一同が体を上下に揺らすところが少々面白いポイント。

あっという間に登るれっしー。
ふぁど「木登りカンガルーだからね」

無事に保護(?)して持って帰ってきたれっしー。
正体はこいのぼりだったんですが、どーなっつ島の面々はピンとこない様子。
どーなっつ島にはこいのぼりが無いんだそう。あゆみ姉が4人にこどもの日の解説。
…こいのぼりになんか書いてある。
「にこにこじま ふくろこうじ・じゃじゃまる」
こいのぼりの持ち主はじゃじゃまるだったのです。
早速知らせるために、にこにこ島にいるおさむ兄のケータイへ電話することに。
けんたろう兄、発信音がなってるのに「もしもしー。もしmあ、まだか」
あゆみ姉ズッコケる。(どうもこの辺りが微妙におさゆうの雰囲気を引きずってる感。けんたろう兄がボケ役ってのは、出演期間前期ならではかも。)
電話が繋がり、やり取り。じゃじゃまる、どうやら落ち込んでたらしいが、どーなっつ島にあったと聞いて喜んでる様子。

これからどーなっつ島へ行くから待っててねーというわけで、通話終了。
一安心したところに、なんか足音がする。
なんと、れっしーが手伝っている牧場の荒っぽい牛が脱走してきた!しかも、赤いものを見ると興奮する…ってもはや闘牛ですかと。
逃げるみど・ふぁど・そらお。牛(演:弘道兄)に追われるれっしー。
慌てて何かを取り出し調べ始めるけんたろう兄。取り出したものは、どーなっつ島のガイドブックなんだそう。この島の事はなんでも書いてあるそうで。
それによると、
「赤いものを見ると興奮する牛は、子守唄を聴かせると眠ってしまう」らしい。
さっそく歌おう!ということで、

12.どこでねるの
(奥 田 継 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
無事に牛はあくびをしながら帰って行きました。
と、ここで汽笛!

13.ぼくらのロコモーション
(坂 田 修 詞・曲)
20151113141828d6f.jpeg

ハモりも振り付けもこの時から変わってませんでした!途中で汽車に乗ってにこにこ島組が合流。

智英姉の一声のおかげであっという間に着いたんだそう。
その一声は(もう察してる方もいると思いますが)
「アチョ〜!」
やっぱりそうですよね。しかし声量凄すぎです。
どーなっつの面々も合流。あらま、れっしーが頭にこぶ作っちゃってます。相当追いかけられてしまった模様。
どーなっつ島にこいのぼりが無いのを聞いたじゃじゃまる、こいのぼりを立てようと言うけど、意気投合(?)したれっしー共々結局人任せw
一同総ツッコミ。

14.シュビドゥビパパヤ
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
無事にこいのぼりが揚がった…ってあれ?いつの間にか弘道兄が。
牛好き(本人談)な弘道兄、牧場で牛と遊んでいたんだそう。
みんな揃ったことだし何かして遊ぼう!
にこぷん&どーなっつ勢、やりたい事をワーワー言う。
と、それをおさむ兄が収めて、「うたうしりとり」をやろうと提案。
ルールはしりとりの要領で、歌の歌詞の最後の文字で始まる歌をチーム対抗で歌っていくというもの。
次の文字は、歌い終わったところでその名も「うたうしりとりマシーン」に表示されるという仕組み。
早速チーム分け。おねえさん&にこにこ島チームとおにいさん&どーなっつ島チームに分かれて対抗する事に。
先攻後攻を決めるじゃんけんは、けんたろう兄対あゆみ姉。
結果はけんたろう兄が勝って、おにいさん&どーなっつ島チームの先攻でスタート。
何を歌おうか相談するおにいさん3人。
けんたろう兄「あ!おさむお兄さん、あれ!」
と、こいのぼりを指さし1曲目はこれ。
15.こいのぼり
(文部省唱歌)
甍の波と〜で始まる方です。歌い終わりは「り」
ここからは早い者勝ち、と、ぽろりが思いついた!

16.リンゴの中に秋がいる
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
歌い終わりは「ご」。
ここでれっしーが「ゴリリン坊やはあみものじょうず」なる歌を提案するが、そんな歌あったっけ?
(※ゴリリン坊やはれっしーがそらおを呼ぶ時のあだ名)
今から作ると聞いてズッコケる一同。既にある歌じゃ無いとダメとおさむ兄が指摘。
今度はじゃじゃまるが思いついたらしい。
ぽろりが好きなものだと言うが、ぽろりはピンと来ず。じゃじゃまるが取り出したのは…ピーマン。
(※ぽろりはピーマンがものすごく苦手)
驚いて卒倒するぽろり。仕方ないのでゆう子姉とあゆみ姉で歌い出すことに。

17.ごめんねピーマン
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
途中でぽろりも参加。ワンコーラスだけ歌ったので、最後の文字は「は」。
今度はふぁどが思いつき、この歌。

18.誓いの哺乳ビン
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
本来はふぁどのソロなんですが、今回はみども参加。歌い終わるも、「ブー!」
そう、歌い終わりは「ん」なのでアウト。
再び「は」に戻ってやり直し。

またまたじゃじゃまるが思いついたのは、

19.にこにこ音頭
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
にこぷん&途中からおねえさん達で歌う。
しかし、またまた終わりの文字が「ん」!
2度目の「は」からやり直し。
あゆみ姉が今度は大丈夫と思いついたのは、

20.春の小川
(高 野 辰 之・詞 岡 野 貞 一・曲)
曲中、歌い終わりの文字を確かめていたおにいさん's。「ら」で終わっておさむ兄が「らで終わりましたね。×2」とゆう子姉に確認。
「ら」といえば、

21.ラリルレロボット
(関 和 男・詞 中 村 弘 明・曲)
ご存知の通りですが、歌い終わりは「と」。

「と」で始まる歌で、どーなっつ島の4人が思いついたのはこの歌

22.心はまあるいドーナッツ
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
どーなっつの曲の中で個人的名曲の一つです。
歌い終わりは「し」
おねえさん'sが歌ったのは

23.しまうまグルグル
(遠 藤 幸 三・詞 乾 裕 樹・曲)
歌い終わりは「ま」。
「ま」で始まる歌といえばみんなが大好きなこの歌!

24.いぬのおまわりさん
(佐 藤 義 美・詞 大 中 恩・曲)
しかし、歌い終わりはやっぱり「ん」!
と言うわけで、みんな仲良く引き分けということに。

この後お腹が空いたじゃじゃまるは、みどとふぁどのお父さんのお菓子屋さんに。
のどが渇いたぴっころは、れっしーが手伝う牧場に。
ぽろりはそらおの家で色々見せてもらうことに。

さて、この間に何しようか…。
けんたろう兄が、みんながウズウズしてるから体操がいいんじゃない?と提案。
と言うわけで、弘道兄本日2度目のタンブリング。
おなじみの2階3階の〜くだりもしっかりやって、

25.ぞうさんのあくび
(遠 藤 幸 三・詞 乾 裕 樹・曲)
おさむ兄とゆう子姉、衣装をバッチリキメてきました!
もうちょっと歌いたくなったゆう子姉。おさむ兄も、これからはにこぷんの3人やみんなになかなか会えなくなるとしみじみ。
けんたろう兄の提案でお別れミニミニコンサートをやる事に!

あゆみ姉の曲振りで最初に歌ったのは

26.星ひとつ
(神崎ゆう子・詞 坂田おさむ・曲)
やはりこの歌は欠かせないですよ。素晴らしいの他に言葉がいらないくらい。

27.どんな色がすき
(坂 田 修 詞・曲)
今やすっかり定番ソングになったこの歌もまだこの時は登場から1年経ってません。

今日はこどもの日ということで、みんなに負けないようにこれからも頑張ろう!という流れで

28.さるさるさ
(織田ゆり子・詞 堀 井 勝 美・曲)
コンサートでおさゆうが歌ったのはこの時だけみたいです。93年1月の歌ですからね。

歌い終わりで全員合流。そしてじゃじゃまるとぽろりから花束贈呈&にこぷんから感謝の言葉。
そして、おさむ兄とゆう子姉が挨拶したところで汽笛が。
そろそろ帰らないとと言うおさむ兄。
まだ帰りたくないけど、みんなにさよならを言って帰ろうって事で、なんとまさかのこの歌が復活。

29.さよならマーチ
(井 出 隆 夫・詞 越 部 信 義・曲)
いや、これすごい光景ですよ。どーなっつになった後、しかもおさゆうとけんあゆでさよならマーチ歌ってるんですよ!
重要文化財レベルかと。

けんたろう兄「あ!汽車が来たよ!」

30.ドレミファれっしゃ
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
おさゆう&にこぷん退場。すっかり夕焼け空に。
そろそろ帰ろうという事でラストは

31.夕焼けが笑ってる
(井 出 隆 夫・詞 乾 裕 樹・曲)
1コーラス流れたところでタイムアップ。番組は終わってしまいました…。
後少しなんですが…!仕方ありませんね。ますますビデオにする必要があった気がしてならないんですが。

本当に貴重なコンサートです。正直、一生見れないと思ってました。脚本構成が井出隆夫先生なのもあり、全体の構成もすごくよくまとまってるし、おさむ兄、ゆう子姉、智英姉の安定感と、けんたろう兄、あゆみ姉、弘道兄の初々しさとの対比がこれまた見応えあると思います。

NHKさん、今からでもいいので是非DVDにして下さい…。









久しぶりに

えっと、実は一度別ブログを作ったもののそちらのパスワードを忘れ、結果的に2年ほど放置する形になってたのでとりあえず元ブログであるこちらを更新します。
生活環境なども更新しまくりだった2012〜2013年当時とは変わったりしてるため、スローペースにはなりますがこれからも引き続きおつきあいくださいませー。

祝、全員続投決定!

はい、情報が入ってきました。


こちら、かつてTwitterで知り合い、現在はAmebaでのコミュニケーションを取らせていただいてるベルさんのブログにて明らかになりました。(ただ、拡散度合いが尋常じゃないらしいのでリンクは削除しました。ただ、まぎれもなく公式回答を得られたということです。)

おかいつ史上最長、同一歌兄姉コンビでの出演期間が7年目
しかも、たくみ姉は歴代歌姉最長出演記録保持者になり、
だいすけ兄も歴代歌兄で単独2位の出演記録保持者になりました!


もうすごいとしか言えません。
おめでとうございます!

26年度ファミコンスケジュール発表!

おかあさんといっしょファミリーコンサート平成26年度スケジュール

はい、発表されました!
…が、まだ5月分の申し込みページができてないので、出演者の詳細はまだ不明です。

今後ここに5月開催のNHKホールコンの申し込みページがくればすべて分かるということになりますね。

もう少しだけ待ちましょう。

来月以降のおかいつ

あけましておめでとうございますございました…。

年明け最初の記事が1月末ですみませんw

今年1発目は2月以降の番組情報で、すでに判明している情報をいくつかご紹介します。

まず、来月の歌ですが2月単独です。ただし、3月の歌はございません。よって、今年度は、月歌の2ヶ月連続放送がなくなりましたね。
そして、この曲には坂田おさむお兄さんが何らかの形で製作にかかわっています。ただ、作詞のみなのか、作曲のみなのか、はたまた両方ともなのかは不明です。

つづいて、2月11日には2013年版のスペシャルステージが再放送されます。前回見逃した方は要チェックです。
万が一これも見逃した場合は…、ブルーレイ購入を検討されることを考えてもいいかもしれません。ブルーレイは高画質ですから。

そして、日時は一気に飛んで3月31日(予定)、この日から2014年度の放送となりますが、平日の放送が1分拡大することが判明しています。それによって、放送スタート時間が現在より1分早くなるので、ご注意ください!

また新たな情報が入り次第お知らせしたいと思います。

久々の更新ですから毎年恒例のあの話題で…

えー

大変ご無沙汰しておりました!

とりあえず元気でやってます。ニーヒロです
4ヶ月もブランクがあると書くこといろいろありますが、とりあえず毎年1回はやっている兄姉の去就について語ろうかと思います。

結論から言えば、
だいたく:卒業4割続投6割ぐらい
よし兄:卒業3.5割続投6.5割ぐらい
と思っています。

続投すると思う理由①
今年に入ってからも多くはありませんが月歌以外の新クリップも作られており、使用スパンを考えると、来年度までは続投させたほうが制作コスト的にもいい。
続投すると思う理由②
なんだっけ!?やかぞえてんぐ、おえかききぶんといった新コーナーが始まり、だいたくそれぞれがメインのコーナーができました。
これを1年で終わらすのは、ちょっと考えにくいかな…と思うのです。
続投すると思う理由③
よし兄は来年で9年目ですが、弘道兄やセトちゃんこと瀬戸口さんの例をふまえるとまだいけそうな気がします。
ましてや、りさ姉とのコンビはまだ2年。まだまだこれからが味の見せ所でしょう!

ちなみに来年だいたくの続投が決まった場合、どうなるのかといえば…、
・コンビとしては歴代最長記録!
・たくみ姉は歴代歌姉の出演期間最長記録を更新!
・だいすけ兄も単独で歴代2位に浮上!

となりますね。
すべては春になればわかるでしょうが、時期的には卒業も十分にあり得るので注目したいところです。

気がつけば・・・

一ヶ月もほったらかしになってた…。このブログ(^_^;)

とりあえず、なんか更新せねばと思った挙句、とりあえずキーを叩いています。

とりあえず、千葉コンはみれました^^
(↑なんか、「とりあえず」が多い文章だな(笑))
また、ぼちぼち時間あるときにでも更新いたします<(_ _)>
プロフィール

ニーヒロ

Author:ニーヒロ
平成6年生まれ。
おかいつはけんあゆ後期からあきりょう前期辺りの世代になりますが、なんだかんだで今も時折チェックしているので、90年代後半以降のおかいつはそこそこ知ってるかなぁと。
最近、おかいつソングのヒトカラにハマってますw
DAMとも録音して時折公開することアリ。

Twitterでおかいつ豆知識bot運営中。フォロー&情報提供お待ちしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あなたは2012年12月11日から数えて○○人目の来訪者です♪
月別アーカイブ
カテゴリ
♪カーソル
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR